2019年04月15日

M60 SEALショート ゴム引きマガジンポーチ取り付け加工、塗装

今日は休みを利用して、M60 SEALショートをVショーで買ったM60ゴム引きマガジンポーチの取り付け加工、ストックカップ、アウターバレルの塗装をしてみました。


まずマガジンポーチの加工から始めました。
始めはマガジンポーチの取り付け部分を利用して取り付けようと思い、アルミ板でプラケット部分を作りましたがうまく取り付け出来ませんでした。


その為、イノカツMk43のマガジンプラケットを利用しました。
・マガジンポーチの取り付け部分の取り外し(マイナスドライバーでこじって取れました)
・マガジンポーチ金属部にマガジンプラケットの取り付け穴をマーキング
・マガジンプラケット部分の穴あけ、取り付け
・本体に取り付け、給弾スプリングの穴あけ位置を確認
・マガジンポーチ金属部に給弾スプリング部の穴あけ
の順に作業しました。
穴あけは電動ドリルに家にあったドリルビットで行いましたが穴を開けることが出来ませんでした。
そこでこの加工をしているMKさんに聞いた所、ステンレス用のドリルビットでなんとか開けたとの事だったので、
タップ&ドリルオイルとステンレス用のドリルビットをアマゾンで注文。


マガジンプラケット部分は注油しながらステンレス用のドリルビットで穴あけしました。
それでも硬く、穴の位置が少しずれましたが大きめのサイズに変更したりして対応、3.5mmを折ってしまったface07
給弾スプリング部の穴あけは溶接部あたりが穴の位置だったので、穴あけは簡単でしたが穴を広げるのが大変でしたicon10
苦労しましたが何とか加工できました。


マガジンポーチが潰れないようにエアーパッキンを詰めました。


次はアウターバレルの塗装。
・本体から外し、チャンバーインナーバレル部の取り外し
・アウターバレルを水拭き
・マスキングをして、インディーのパーカーシールスプレーで塗装
水拭きして、剥がれの酷いところを重点的にスプレー塗装しましたが、キズが目立たなくなりキレイに仕上がりました。
ぶつけたりしなければ大丈夫そうです。



最後にストックカップの塗装。
・ゴムコーティング下塗り剤 プライマー を下塗り
・液状コーティングゴム ブラックで塗装(失敗)
・本体から取り外し、ラッカ薄め液で塗装はがし
・キャロムショットのブラックスチールスプレーで重ね塗装
最初、液状コーティングゴム ブラックで塗装しましたが、上塗りで塗装した為か元の塗装が剥がれてきてしまいましたface07
本体から取り外し薄め液で塗装をふき取りキレイにしました。
その後、キャロムショットのブラックスチールスプレーで缶の説明通り5回重ね塗りしました。
塗装の表面強度が強く、置き方等に気をつければ剥がれなさそうです。




いずれストーナのアウターバレルもこれで塗装しようface02

全ての作業が終わり組み立て前。


中古で購入したINOKATSU M60VNもこれで外装、内部共満足いく物になりました。face02
















同じカテゴリー(M60)の記事画像
INOKATSU M60ベトナムSEALショーティ到着!
同じカテゴリー(M60)の記事
 INOKATSU M60ベトナムSEALショーティ到着! (2019-01-26 00:00)

Posted by syungo_macvsog  at 23:32 │Comments(0)M60

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。